2020年01月28日

1月26日〜のカエルと「麒麟がくる」衣装と感想!

1月26日モンチッチの日
モンチッチは猿の妖精なんだそう
知らんかった〜╰(*´︶`*)╯
7C2C03EC-7CA2-4346-A722-9091B7B27973.jpeg
妖精と、いうことで
出来るだけ可愛く描いてみた╰(*´︶`*)╯♡
毛の生えたカエル.°(ಗдಗ。)°.ではなく、
カエルのような妖精です☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

1月27日ルイスキャロルお誕生日
D14948EB-DF8B-4B43-BB55-312CC4A463E5.jpeg
不思議の国のアリス、鏡の国のアリス
に出てくるハンプティダンプティは
ハンプティと、ダンプティという双子だと思ってた(・・;)
違いました双子は別にいることが判明
勝手に思い込んでいたついでに
鏡といえば
このフレーズを書いてみた
わかるかなぁ?知ってるかなぁ
ロンパールーム・:*+.\(( °ω° ))/.:+

1月28日逸話の日
久々に観てますNHKのドラマ「麒麟がくる」
衣装が、素敵で、私なりの解釈と1、2話を見た感想を書いておきたくて
絵にしてみました
0EB9D93E-E0D6-47DF-A946-A3EE12EDE071.jpeg
歴史は詳しくないけど
日本の文様や、縁起模様は大好き♡
光秀☆鮮やかな緑を2色使った地色、たてわくに竹の模様
たてわく(蒸気が立ち雲が沸き起こる様子)竹(力強さや潔白さ勢い)
物語がこれから始まるワクワク感と主人公のイメージを表現している?
東庵先生と駒ちゃんは今回のオリジナルキャラクター駒ちゃんは
ひだまりのようなオレンジ(^^)東庵先生は賭け事好きな先生のイメージに合わせた(と書いてあった)
月にうさぎの羽織りもの(この絵は東庵先生が描いたのか?はたまた治療の代金の代わりに
受け取ったってのもアリな気がする〜勝手な想像)
うさぎは繁栄の縁起模様です
もっくん道三☆ビビッドな赤の半襟に赤と茶の織生地(何模様だろう?)
羽織の淵がモダンな波模様になってます
青海模様なら平穏な暮らしが続きますようにとの願いがこもっているんですが、この波??
波乱の波なんでしょうか???
帰蝶さんは蝶の模様 蝶は復活や変化、不老不死の意味があります
柄や色の合わせ方、身分によっての生地の違い
よく考えられていてとても素敵です
ホームページにて随時紹介していきますと書いてるけど、まだ
紹介されていなかった(^◇^;)ので、勝手な想像で書いてる部分も大いにあります
他の役のデザインも紹介したかったけど
絵が描ききれませんでした
もっくん道三に毒殺された娘婿さんの
中に着ていた着物の色がアイスブルーだったんですが
家の中の設定で全体に黄色い灯りのトーンなのに
ブルーがとてもブルーだったんです(普通は緑っぽく見えると思うのに)
凍り付く〜衝撃の展開に
あのブルーがとても効いていました(抹茶毒殺が衝撃的すぎて、しばらくは抹茶みたら
あっ!!って思うと思う…):;(∩´﹏`∩);:
物語もテレビにチョーツッコミながら
見てまして(笑)
例えば、岐阜から琵琶湖で船にのって堺に向かう途中!滋賀県のどこ???って気になる〜
比叡山歩いてて山賊出現!ガラの悪い土地だったのねΣ(-_-๑)
最初馬に乗ってたのに船の後には馬はなく
船乗る前に馬どこかに置いたの?
もしかして売ったん???
とか、主人公の着物血がついても
火事の中に入って汚れても
次の日には綺麗な着物になってる〜(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾
着替え持ってたっけ??いつの間に洗ったのか???
もってるお金全部取られて鉄砲に変わってる
全部取られていいんかーい!!!その金額あってたん?
とられすぎてへん?なのに、めちゃめちゃ嬉しそうな光秀Σ( ̄。 ̄ノ)ノ
その後はお金ないのにどうやって帰ったん???
よーやく先生連れて帰ってきたら
もっくん道三!お金は半分返せ!!!って
えーっ!!!そんなぁ
取られてんで〜!!!と、思わずテレビに叫んだで!
大将の首2個って!大将の首って
どうやって判断するん???
私が大将です!!って教えてくれるん??
生首(ぎゃー!!!)を持っていって顔わかるのかなぁ???
みんな顔馴染み?
疑問とツッコミどころ満載
2万の兵が押し寄せて…2万には見えへん
全部で200人くらいにしか見えへんかった
日頃見てた中国ドラマは、めっちゃ人いっぱいいるで〜
でも、中国みたいにワイヤーアクションを多用するでもなく
地味だけど、そうだったのかなぁ?と思う
リアルな戦いで初回も2回目も
あっという間に終わってしまった
見てた人は
共感してくれたかなぁ???
最後まで観れるでしょうか???
最後まで楽しめますよーに
楽しく見てたら
続編を書きたい
では!!!







posted by michico-f at 22:49| Comment(0) | 日記